Browse Category by 口周りの産毛
口周りの産毛

デリケートな部分にある…。

従来からある家庭用脱毛器に関しましては、電動ローラーで挟んで「強引に引き抜く」タイプがメインでしたが、出血当たり前というような製品も少なくなく、感染症に罹るというリスクもあったわけです。
暖かい陽気になってくると肌の露出も増えてくるため、脱毛処理をする方も多いのではないでしょうか。カミソリで剃毛すると、肌にダメージが齎される恐れがあるので、脱毛クリームを利用しての脱毛を視野に入れている人も少なくないでしょう。
契約した脱毛エステとは、わりと長期間に亘るお付き合いにならざるを得ないので、好きなエステスタッフやユニークな施術方法など、他ではできない体験が味わえるというお店に決めると、いいかもしれません。
いいことを書いている口コミが多く、プラスビックリのキャンペーンを展開しているイチオシの脱毛サロンをお伝えします。全てが本当におすすめのサロンですから、良さそうと思ったら、躊躇せずに予約の電話を入れましょう。
脱毛エステが増加したとは言え、割安で、施術の質がいい評価の高い脱毛エステを選択した場合、施術待ちの人が多いので、自分の希望通りには予約ができないということも多いのです。
Continue Reading

口周りの産毛

顔用シェーバーと毛抜きを効率よく使って産毛を処理

顔のお肌というのは結構敏感で、産毛の処理をする時もそれなりに気を使います。吹き出物やニキビができた時はなるべく処理しないようにしますし、肌荒れを起こしている時も洗顔をメインにしてできるだけ放っておくようにします。
そうなると顔の産毛というのは処理できる期間というのが限られてきますね。私の場合、肌が健康な時を見計らって産毛をきれいに剃っているのです。
使う道具は顔用のシェーバー。
最近はコンパクトタイプの安全なシェーバーが増えており、そのうちのひとつを家電量販店で買ってきて定期的に剃っています。顔全体はその一本だけで済んでしまうからとても楽ですね。
Continue Reading

口周りの産毛

美肌効果も!ムダ毛処理には脱毛クリーム。

ムダ毛処理はこまめにやらないと、すぐにまた生えてきてしまうので困りますよね。
でもカミソリや毛抜きで処理しても、それが毎日だと肌を傷めてしまいます。
できるだけ肌への負担が少ない処理方法できれいになりたいですね。
肌への負担が少ないムダ毛処理方法は、脱毛クリームを使ったものがあります。
脱毛クリームを指定時間肌へ塗り、時間がたったら液をタオルやぬるま湯で落とします。
Continue Reading

口周りの産毛

顔色を明るくしたい!

どうも最近、メイクののりが悪いと思って鏡をよく見てみたら、産毛が以前より増えたような気がしました。
顔の産毛処理をしていたいと思ったのですが、カミソリで剃るのに少し抵抗がありました。
本来、産毛は皮膚を守るためにあるものです。保湿をしっかりすれば産毛を剃ること自体は問題ありません。
石鹸をよく泡立てて、腕や足を剃る時よりも丁寧に優しくカミソリの刃をあてました。
そっと滑らせるようにして剃るとなんだかこざっぱりとした気分になりました。
Continue Reading

口周りの産毛

口周りは除毛クリームがよいかもしれません

男性は口周りにヒゲが生えている方が大半ですが、女性はヒゲは生えませんよね。
しかし、女性でも口周りに産毛は生えてきます。
その濃さは人によって違いますが、中にはヒゲのように濃い産毛が生えている方もいらっしゃいます。
顔の産毛ってメイクのりも悪くなるし、適宜処理している方がほとんどかと思いますが、カミソリで剃るという方が多いようですね。
しかし、口周りってなかなか剃りにくい場所ですし、荒れやすい場所でもあるんです。
Continue Reading

口周りの産毛

口周りの産毛は剃るしかありません

私の場合、口周りの産毛はカミソリで剃っています。それ以外の方法がわかりません。
放っておくと目立つようになりますし、産毛が濃い人はまるでヒゲが生えているかのように見えるので、剃ったほうがいいです。
カミソリは女性の顔用のカミソリを使用していて、横に滑らせても切れないような安全設定がされているものを使います。
口の周り産毛も顔の他の部分の産毛と同じで、カミソリで剃るしかないと思います。
Continue Reading

口周りの産毛

口周りの産毛処理について

口周りの産毛、気になります。
特に鼻の下のところが、お手入れを怠っていると気付くとうっすら黒くなってきてしまいます。
ママ友の娘さんは、鼻の下の産毛が濃かったんです。
確かに濃いなとは思っていましたが、子供って結構口の周りの産毛が濃い子が多いです。

そのママ友の娘さんが、幼稚園の時に周りの子たちから「鼻の下の毛がおじさんみたい」と
からかわれてしまったそうです。それ以来、その子は幼稚園に行きたがらなくなり困ったという
話を聞いたことがあります。
Continue Reading